通訳案内士2次試験 合格準備講座

1次試験の結果が発表されるまでに、余裕をもって学習されたい方のための「準備講座」
受験生が苦手とする「逐次通訳」とメモ取りの練習を集中的に行います。

1.シャドーイング
 聞こえてくる音声を追いかけてそのまま発話。その時間差を延ばす、
つまり聞き取った時間とそれを追いかけて発話する時間を延ばすことで、記憶力を高めます。
2.メモ取り
 暗記に頼らず効率的にメモを取ることがたいへん重要です。
メモ取のためのノートの特徴、量、用いる言語、紙面空間の有効活用とその効果、
記号と略語の用法、接続詞の重要性、数字の処理方法など、
プロの通訳者のメソッドをもとに解説、練習します。
3.日本語の再生
 聞こえてくる日本語の文章をそのまま再生する練習です。日常生活においても
この練習を重ねることで、無意識のうちに相手の発話を記憶することを習慣化します。

さらに、音声録音と作文の宿題で実力を強化
「発音矯正」(面接のチェック項目に「発音」があります)、「表現力強化」
(作文で発言内容の整理と充実)。ネイティブのコメントを付けたうえで返却します。
(提出は任意です)

受講対象:
●韓国語能力試験6級保持者(韓国語1次試験免除の方) 
●自己採点の結果、正解率6割を超えられた方。
●来年、受験予定の方(1次試験対策として活用されたい方)
日 程: 毎週日曜日 10月8日〜11月5日 全5回 
     13:00〜15:00(120分) ※3名以上で開講
受講料: 21,800円(税込) 並行受講者 19,800円
講 師: 杉山明枝
テキスト: IBCパブリッシング『「日本の衣食住」まるごと事典』IBCパブリッシング『日本人のこころ』
  • 21,800円(内税)